34-1 ToubaAfrica
セネガルのグリオ(歴史の語り部・音楽家)の家系に生まれたママドゥ・ローを中心に本場のリズムと熱いパフォーマンスをお届けします。

ママドゥ・ロー(Mamadou Lo)●アフリカンパーカッション・歌
セネガル共和国のグリオ(歴史の語り部であり、かつ音楽家)の家系に生まれる。幼少の頃からプロとして活躍。サバール・ジャンベ・タマ等14種類のアフリカの太鼓を演奏。母国では国営放送やセネガル最大のSt-Louis Jazz Festival(サンルイジャズフェスティバル)に毎年出演など国内外のミュージシャンとのコラボレーションを多数行う。90年代には世界的に有名なYoussou N’dour のメンバーAssane Thiam(セネガルを代表するタマ奏者)とCDを3枚リリースし話題になる。また、ユニセフの活動で外国のメンバーと共に全国各地を廻るなど多方面で活躍。バイファル・レボリューションのメンバーとして動するなど多方面で活躍中。

*他のアフリカ人パーカッション演奏家と共演