sakura project
古来より、「花」といえば「桜」をさすように、桜は日本人の心を映す花の筆頭として動かぬ地位を占めてきました。春を告げて可憐にひらき、爛漫と咲き誇る万朶の花。そしてわずか数日を経て儚くもあざやかに散ってゆく姿は、私たちの心を深くとらえ、桜とともに日本人の美意識や自然観も育まれてきたと言えます。 我々の祖先は桜の花の精を「コノハナサクヤ姫」と呼び、女性神の象徴としてきました。また、「桜」の「サ」は穀物の神、「クラ」はその神が鎮座するものを意味し、米づくりにおいて桜の花の開花によって田植えの時期を知っていたように、五穀豊穣を祈る象徴とも言えます。 「sakura project」は、そのような「桜」に込められた意味を根底に持ちながら、箏、十七絃、琵琶、雅楽の和楽器演奏家とフルート、チェロ、ヴァイオリン、パーカッションなどの洋楽器演奏家により、日本の美と心の創造をテーマに活動中。

・NHK FM「ザッツ・邦楽レボリューション」で注目の和楽ユニットとして出演
・まつりイン台湾2006に特別出演
・京都、平安神宮・紅しだれ桜コンサートに出演
・2011年、2015年、日韓交流おまつりに出演
・2012年8月、NHK・Eテレ「にっぽんの芸能・スペシャルコンサート」出演

sakurajacket

◎ご希望に合わせ2名~6名の編成・実施が可能です。
◎衣装も、着物とドレス、全員がドレスなどご希望にご対応致します。