掲載用 マイケル最新6-1
Michael (マイケル)●外国人シンガー
7歳から歌い始め、13歳からボイストレーニングを受ける。⼤学に通いながら4年間ショー・クワイア(show choir)に身を置き、国 内外で出演。 2007年、日本に英語教師として移り住んだが、彼の情熱は常に歌うこと。 来⽇後、今まで様々なイベントや、ゼックス、オークドア(六本木ヒルズ)、ターキッシュキッチンなどの場所でパフォーマンスをしているア コースティックバンド「Last Call」を始めた。 日本語の歌にも強い思い入れを持ち、テレビ朝日の番組「関ジャニの仕分け」で、300人の歌手が参加したカラオケオーディションを勝ち抜きテレビ出演のチャンスを掴み、 平井堅のヒット曲、「瞳をとじて」を披露した。 ポップスからクラシックの曲まで情感を込めた歌が高く評価されている。テレビ朝日の「関ジャニの仕分け」では300人の歌手が参加したカラオケ―オーディションを勝ち抜き、平井堅の「瞳をとじて」を披露。その情感あふれる歌が高く評価された。また、2016年、日本テレビ「Song for Japanのどじまんザ!ワールド」で見事に優勝!日本語の歌を愛する外国人シンガーとして注目されている。

外国人シンガー派遣はmusician-naviにお任せ下さい。