21 HIBI★Chazz-K
世界へ「音楽の架け橋」をかける衝撃のサックスアンアンブル。ハッピージャズをコンセプトに楽しいパフォーマンスをお届けします。

*北京オリンピック公式レセプションに日本代表として演奏!
*2014年、第56回日本レコード大賞「企画賞」を受賞!

HIBI★Chazz-K(ヒビチャズケ)
世界へ「音楽の架け橋」をつくるサックスアンサンブルユニット。ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4本のサックスとドラムスの五人組。全曲、リーダーであるひび則彦のオリジナルアレンジで、衝撃的なパフォーマンスを届ける。生音でどんな場所でも動きながら演奏、あらゆる垣根を越え、こちらから“音”を届ける、というスタイルをとり、全て暗譜での演奏。Jazzのスタンダードな曲を基本に、映画音楽、ラテン音楽、ロック、クラシック音楽などもまじえた、幅広いレパートリーを持つ ・変幻自在なアンサンブル、美しいハーモニー、華麗なソロ、激しいアドリブが特徴的で個性的なハッピーサウンド。 北京オリンピック公式レセプションに日本代表として演奏。「ハルモニア杯音楽コンクール」グランプリ受賞。「東京JAZZ」「ラ・フォル・ジュルネ」「内田裕也プレゼンツNWRF」等、ジャズ、クラッシック、ロックの国内最大級のフェスティバルにジャンルを越えて出演、活躍中。2014年、第56回日本レコード大賞「企画賞」を受賞。

(メンバー)
ひび則彦(ソプラノサックス・アルトサックス)
染谷真衣(アルトサックス)
筒井洋一(テナーサックス)
小仲井紀彦(バリトンサックス)
竹下宗男(ドラムス)
 
*演奏活動を世界に架ける音楽の架け橋の工事と位置づけ、ストリートにも飛び出し音楽を届けるパフォーマンスを展開している。