米谷智アーティストフォト
米谷 智(Satoshi Yoneya)●尺八・笛・能管
1953年、山形県最上郡出身。1972年、民謡界の第一人者、故 米谷威和男に師事、内弟子として尺八を学ぶ。1976年、米谷智と改名。NHK「昼のプレゼント」「日本の民謡」「民謡をたずねて」「民謡あなたに」などに出演、NHK「といちんさ」のメンバーとなる。1979年、金沢明子の専属伴奏者としてTV、国内外の公演に参加。1982年、智竹会を結成、会主となる。1983年、米谷流「大師範米谷智」の名を許される。1988年、伊藤多喜雄&TAKiO BANDに参加。1988年、2003年と2度のNHK紅白歌合戦に出場する他、CDや国内外の公演に参加する。これまでにCD「琴 尺八 演歌の心」「和楽器 日本のこころ」「青春のふるさとⅠ、Ⅱ」(クラウンレコード)、「うたごころ」(ウォーターネットサウンド)をリリース。また「みんよう春秋」に尺八実技講座“一目でわかる五線譜・尺八 篠笛譜”を掲載。

和楽器演奏家派遣、伝統楽器・伝統音楽・伝統芸能の演奏家・出演者派遣はmusician-naviにお任せ下さい。