琴音2
ヴァイオリンのSayokoとハープのAyukaによる女性クラシックユニット。華やかな演奏をお届けします。

琴音~Co-tone~
ヴァイオリン(堤琴)のSayokoとハープ(竪琴)のAyuka、2つの「琴」によるクラシックユニット。Co-tone(2つの音)のハーモニーで華やかなステージを展開。

Sayoko●ヴァイオリン
3才よりバイオリンを始める。6歳で渡米、自由な環境で音楽に親しむ。帰国後クラシックだけでなく幅広いジャンルにチャレンジし、独学で演奏する。お茶の水女子大学卒業、栄養士資格を取得するも、音楽の道を志し、ニコニコ生放送「バイオリン弾き小夜子のセレナーデ」を軸に活動を開始。BGM演奏やイベント演奏、シンガーソングライターからロックバンドまで、様々なアーティストのサポートを行う傍ら、ハープとのユニット「琴音~Cotone」、ヴォーカル、ピアノとのトリオ「G-meets」でライブを展開。絵本朗読とのコラボやリクエストライブなど、遊び心あふれる企画が好評を博している。ジャズ・ポップスバイオリン界の第一人者中西俊博氏に師事。最近は、作曲編曲も手掛け始め、ライブでも自作を演奏披露している。また、ボーカルにも挑戦するなど、型にはまらない異色の存在としてマルチに挑む異色のヴァイオリニストである。

Ayuka●ハープ
11 歳よりハープを始める。東京音楽大学付属高等学校を経て、同大学を卒業。東京音楽大学大学院、修士課程修了。在学中、ACTプロジェクト・ロビーコンサートの他、同大学シンフォニックウィンドアンサンブル、シンフォニーオーケストラの地方公演、ヨー ロッパ公演に出演。また、帝国ホテル創業記念ロビーコンサート、ハープ新人演奏会、京 都フランス音楽アカデ ミー優秀賞コン サート等に出演。現在、ソロやアンサンブル、G・Dream21のメンバーとして演奏活動の他、早稲田実業高等学校、山野楽器、米国大使館宿舎にてハープ講師を務める。第8回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門にてエスポアール賞、 第11回同コン クールハープ部門にて第2位(1位なし)受賞。東京都板橋区民文化優秀賞受賞。