KUNI-KEN写真1
KUNI-KEN●津軽三味線ロックユニット
兄・KUNIAKI、弟・KENJIの津軽三味線ユニット。幼少より津軽三味線を習得し、2004年三重県文化新人賞を受賞。2005年愛・地球博EXPOドームにてワンマンライブを行い、満席3,000人を動員し注目を集める。2007年インドでオンエアされたトヨタのテレビ・ラジオCMタイアップ曲として「二撥六絃“NIBACHI-MUGEN”」が起用され、インド2都市4公演を行う。さらにドバイ、シンガポール、マカオ、マニラでの海外公演を行う。2009年「世界フィギュアスケート国別対抗戦2009 オープニングレセプション」にて出場六か国の国歌を三味線で演奏。2010年ミニアルバム「www.」でメジャーデビューを果たし、収録曲の「Funky Time」がアトムグループ「にぎりの徳兵衛」CMソングとしてオンエアされた。また、世界で活躍するダンサーTAKAHIROやタップダンサーHIDEBOHとコラボレーションを行うなどジャンルを超えたパフォーマンスを展開。2011年シンガポールで行われた経済産業省企画イベント「クール・ジャパン」に出演し、各メディアからアジア発進のアーティストとして注目を浴びる。2013年、ニューミニアルバム「斬 -ZAN-」をリリース。収録曲の「暁の刻」が京都元本能寺「信長茶寮」のTVCMタイアップソングとなる。2015年、 ニューミニアルバム「NEO ZIPANGU」をリリース 2017年、ミャンマーで開催された1万人規模のフェス「KIRIN ICHIBAN presents SUPERSONIC」、フランスで開催された「Japan Expo 2017」に出演。2018年、スイスで開催された「POLYMANGA2018」、シンガポールで開催された「JAPAN PARK SINGAPORE 2018」に出演し各地で絶賛されている。

編成: 津軽三味線兄弟の2名で音源使用のステージ、又は、バックにバンドを入れたステージなど

和洋コラボ、クロスオーバーの演奏家派遣、音楽家派遣はmusician-naviにお任せ下さい。