梶ヶ野亜生
梶ヶ野亜生(Ai Kajigano)●箏・三弦
幼少より母、梶ヶ野凉玲に箏の手ほどきをうける。故・沢井忠夫氏、一恵氏に筝曲を、古典三弦を芦垣美穂氏に師事。1982年、中国北京、上海、楚州三都市演奏訪問、1995年、オーストラリア・シドニーオペラハウにて“JAPAN FESTIVAL”、 フランス・ミュルーズにて“LORIENT EST EXTREME JAPON”、 1998年、北海道札幌のPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)、2001年、ロシア・モスクワ音楽院、 2002年、イタリア・マーラー音楽祭、2005年、ドイツ・韓国の各演奏ツアーに参加。 PS用サントラ「鬼武者」、バンブー邦楽ビデオシリーズ、2001年、「箏衛門」1stアルバムをリリース、世界同時発売。 NHK-FM「邦楽のひととき」等レコーディング参加、NHK和楽団として数々のTV出演の他、個人的にも「NHKふれあいホール」や「題名のない音楽会」「ハンサムガールをさがせ@NHK鹿児島放送」等出演 。 2000年、初のソロリサイタルを鹿児島市にて開催。中国国際音楽会議主催「万里の長城杯」 アンサンブルの部2位受賞。NHK邦楽技能者育成会第43期卒業。平成12年度文化庁芸術インターシップ研修員生。 2002年には鹿児島市教育委員会・文化協会主催「第26回春の新人賞」、「第4回鹿児島銀行財団賞」の同時受賞を記念し、リサイタルVol.2を2005年、リサイタルVol3(@東京代々木上原Musicasa)を開催。現在、沢井箏曲院講師、桐の音学院副主宰、鹿児島国際大学短期学部音楽科非常勤講師。沢井忠夫合奏団、NHK伝統和楽団、グループ螺鈿隊に所属。自主企画ユニット「CrackHead」「TSUGUKAJI」結成。日本女子大学文学部史学科卒業。

和楽器演奏家派遣、伝統楽器・伝統音楽・伝統芸能の演奏家・出演者派遣はmusician-naviにお任せ下さい。