8 李倩
李 倩(リチェン)●楊琴
中国貴州省貴陽市生まれ。4歳のころから揚琴奏者である母に教えを受ける。6歳で中国貴州省少年芸術団に入団。10歳で全国労働実践小熊手(素晴らしい才能を有した子ども・小さな名人)の称号を得る。1998年、北京の中国音楽学院に留学後、貴州大学民族音楽部へ入学。2002年、貴州省“敦煌杯”民族楽器コンクールに出演、揚琴の部金賞受賞。2003年、同大学卒業。母校の研究生となる。2004年、日中芸術交流のため来日。コンサート活動開始。2005年、日本で実母である唐鳳英とのジョイントコンサートを成功させる。2006年、ニュージーランド公演、2007年、韓国公演に出演。現在、日中間を往来し揚琴の芸術交流に努めている若き才媛である。