平良こずえフォト2
沖縄の心を唄う島唄の世界から、華やかな琉球舞踊とのコラボステージなどをお届けします。

平良こずえ(Kozue Taira)●島唄・三線
沖縄県うるま市(旧具志川市)出身。幼いころから琉球舞踊を学び、数々の宴会や余興などで、多くの舞台経験を積む。高校在学中に独学で三線をはじめ、2000年に沖縄ポップスユニットのメインボーカルとしてデビュー。沖縄ポップスに、琉球舞踊をアレンジして取り入れ、新しいユニットとして活動し、反響を呼ぶ。2005年に沖縄ポップスユニットを卒業。以降、県内のイベントやライブハウスを中心に活動を展開。2009年から不定期にワンマンライブを開催。ソロ活動の傍ら<よなは徹><琉球チムドン楽団>等、さまざまなアーティストのライブサポートやレコーディングに参加するなど、多方面に活動の幅を広げる。2010年11月から自身の活動とは別に、うるま市に活動拠点を置く<龍神伝説><宮里加代子流部研究所>の2団体と結成したユニット<琉球歌舞団 紅華風-KAFU->のメインボーカルとしても活動中。2011年5月にソロとなって初のミニアルバム『輝く世界』をリリース。2014年7月、作曲家の森正明(代表曲『また君に恋してる』他、多数)全面プロデュースによる『また君に恋してる~ウチナーグチバージョン~』をリリース。 2015年、ソロ活動10周年を迎え、2ndアルバム『サーユイサモーレ!』をリリース。 ライブでは、本人・三線・島太鼓の三名スタイルを基本とし、フルバンドスタイル、琉球舞踊スタイル、エイサースタイルなど、さまざまなジャンルを取り入れた独特のパフォーマンスを行い、老若男女問わずに楽しめるエンターテイメント色の濃いライブスタイルを確立している。

島唄・琉球民謡の演奏家派遣・音楽家派遣はmusician-naviにお任せ下さい。