山中信人(最新写真201807)3
津軽三味線世界大会・最上級A級チャンピオン獲得二連覇達成の圧巻の演奏をお届けします!

山中信人(Nobuto Yamanaka)●津軽三味線
中学校卒業後15歳で単身青森県弘前市に渡り、津軽三味線奏者「山田千里(ちさと)」の内弟子として4年間修業。山田流師範となる。毎年青森県弘前市で開催される津軽三味線世界大会では最上級A級2年連続優勝、また津軽民謡の伝統的な唄付け技術を競い合う「唄付け伴奏部門」で3回の優勝を獲得。海外計21カ国で演奏。約16年にわたり伊藤多喜雄&タキオバンドのメンバーとして活動。2015年出雲大社、日光東照宮にておこなわれた「市川海老蔵奉納舞踊公演」出演。現在はソロ奏者として活動中。洗足音大非常勤講師。加須市観光大使。

※2017年5月4日青森県「弘前市民会館」にておこなわれた第36回津軽三味線世界大会で最上級A級チャンピオン獲得二連覇達成。