IZANAGI
IZANAGI

~注目の尺八とギターによるインパクトのある日本の音世界~
尺八・佐藤公基とギター・関口晶大の二人からなる和楽器&洋楽器によるインストゥルメンタルユニット。スタジオで共演しお互いの音に惹かれ、2014年にユニット結成。佐藤は幼少の頃より民謡の世界に携わり育ってきた。尺八でうたと同じ旋律を吹くという世界の中で、尺八は唄という感覚が自然と育てられていく。一方、関口が奏でるギターは繊細でテクニカル。時に優しく時に迫力のある魂のこもった演奏で聴く者を魅了する。そして、関口の持ち前のセンスから生まれるキャッチーでオリジナリティ溢れる楽曲。の中に尺八という唄が吹き込まれIZANAGIサウンドは生まれた。その化学反応からなる唯一無二な世界を二人はつくりあげている。

イザナギライブフォト1

佐藤公基(Kouki Sato)●尺八
民謡一家に生まれ、幼少より家族に手ほどきを受け舞台活動を始める。2000年 民謡全国大会で優勝。2008年より尺八を善養寺恵介師に師事。2011年 東京芸術大学音楽学部邦楽科尺八専攻に入学。現在、伝統邦楽、古典に加え、民謡、ポップスなジャンルにこだわらず多方面にて活動中。

関口晶大(Akihiro Sekiguchi)●ギター
MUSE音楽院を卒業後、飯塚昌明氏に師事。ジャズギターを布川俊樹氏に師事。エレキギター、アコースティックギターの他に、クラシック、フラメンコ、マンドリンなど幅広いジャンルに対応し数々のスタジオワーク、ステージワークに参加。主にギターレコーディングを手掛けるも、作曲・編曲のスキルも持つ。千葉真一 監督・主演の映画 「親父」 のエンディング曲に使用された、自身のバンドがユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。同映画の音楽監督も務め、劇判の音楽制作にも参加。その後、津軽三味線と尺八を加えたロックバンド「禅 -ZEN-」を結成。同年にファーストアルバム 「禅」 を発売。ニコニコ動画の公式生放送にてコンスタントに2万人を集める。現在は尺八とのユニット「IZANAGI」 を結成し活動中。2014、2015年にはタッキー&翼の楽曲にも参加。2015年 氷川きよし「愛しのテキーロ」に参加。

和洋コラボ、クロスオーバーの演奏家派遣、音楽家派遣はmusician-naviにお任せ下さい。