宮良牧子2-1
沖縄県石垣島出身のシンガー。南の島の輝きと優しさを天性の歌声にのせお届けします。

宮良牧子(Makiko Miyara)●島唄・三線
沖縄県石垣島出身。6歳でピアノを習い始め、9歳の時に地元合唱団に入団。性の素質とIsland soul を武器に‘05年『心の星』でCDデビュー。清冽な輝きを放つ『心の星』は、彼女が島人(しまんちゅ)である前に、ひとりの希有な歌い手であることを強く印象づける渾身のデビューアルバムとなった。06年には、フラ&ボーカリストの上原まきと、ハワイ&沖縄のスピリットを伝える新ユニット「チュラマナ」を結成。ビクターエンタテインメントよりアルバム『ふたつの楽園』、’07 年には2ndアルバム『楽園の虹』をリリース。ソロとしては同年、日本郵政の第一弾コンピレーションCD『手紙日和』にテーマソング『手紙日和』で参加。千葉ロッテマリーンズ×楽天イーグルス戦では国歌斉唱を行い注目を浴びる。’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌(作詞曲・歌唱)を担当し活動の場を広げている。ビュー以降、ソロとして2枚、チュラマナとして4枚のアルバムをリリースし活動中。