和楽器三重奏団1
津軽三味線×尺八×和太鼓
伝統から未来へ~新たな和の世界~

和楽器三重奏団
日本を代表する3つの伝統楽器、津軽三味線、尺八、和太鼓。
今、最も注目される気鋭の和楽器奏者3名の注目のユニット。伝統的な世界から新たな和の世界までお届けします。

(メンバー)

白田路明(Michiaki Shirata)●津軽三味線 9 歳で本格的に三味線を始める。11 歳で津軽三味線奏者吉田兄弟・弟の健一氏に弟子入り、翌年には津軽三味線全国大会小学生の部で準優勝の快挙。その後も数々の受賞を経て、 2002 年 18 歳で津軽三味線全国大会 B 級個人戦優勝、 2005 年 2007 年 2008 年 A 級入賞。 2006年、北海道登別観光大使任命、北海道青少年文化交流大使任命され、中国、韓国にて演奏会を行う。2006年、琴欧州の大関昇進パーティーでの演奏からブルガリアでの演奏を行う。2007年、東欧スロバキアを皮切りに5カ国公演を行い各地で絶賛される。

中村仁樹(Masaki Nakamura)●尺八
東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻卒業。第六回尺八新人王決定戦、第三回東京邦楽コンクール、第二回和洋楽器グループコンテストで優勝を果たす。読売新聞社賞、日本民謡協会賞、宇和島大賞受賞。サントリーホール・両国国技館・アメリカ大使館で招待演奏を行う。山口崇、藤原道山、上妻宏光、川井郁子、和代人平、坂本冬美、紫舟とコラボレーション。SQUARE ENIX『戦国IXA』テーマソング参加。NHKこんにちはいっと6けん、おはよう日本、NHK愛媛で特集、NHK-FM「邦楽のひととき」出演。これまでに宮田耕八朗・川瀬順輔各氏に師事。浄土宗芸術家協会会員。トルコ、アルジェリア、中国、アメリカなど海外でも幅広く活躍している。

橋口隆之(Takayuki Hashiguchi)●和太鼓
太鼓奏者であった父、岬史郎の影響で幼少の頃より和太鼓に触れ、9歳から本格的に手ほどきを受け、15歳でプロのステージに立つ。大学在学中、本格的に活動を開始。江戸寿太鼓、和太鼓/三味線ユニット[斬月]、和太鼓projectあべや、ひむかし、等、各種チームに参加し日本各地をはじめ海外への公演も行う。2004年、10年来自身が別活動で続けていたClubMusicをベースにした和太鼓Dub-Breakbeats band[ngoma]を始動。現在までに3枚のアナログ12inとCDでのフルアルバム1枚をリリース。ジャイルス・ピーターソンによる英国BBCの名物番組[Worldwide]にて連続ONAIRされるなど国内外で高く評価されている。

和楽器ユニットの演奏家派遣、伝統楽器・伝統音楽・伝統芸能の音楽ユニット・演奏家・出演者派遣はmusician-naviにお任せ下さい。