吉祥和音1-2
吉祥和音-kissho waon- ●和楽器アンサンブル
聴く人に「吉祥」を届ける和楽器アンサンブル。日本の祭り囃子の基本となる「笛」と「和太鼓」をベースに箏を、聴く人に「吉祥」を届ける。そのリズムとメロディーは日本独自の音世界。心と体に響く日本の音世界をお届けします。

(メンバー)
小泉なおみ(Naomi Koizumi)●篠笛・能管
和太鼓公演の笛方や、独奏等のスタイルで、これまでに国内・ ヨーロッパ・アジア・アメリカ・アフリカにて演奏。また、映画やアニメ、CM音楽などでも演奏。さだまさし氏 CD「たくさんのしあわせ」、平原誠之氏音楽監督「輪違屋糸里」の映画音楽等に参加。ソロアルバムとして自身の作曲・編曲による和洋楽器共演CD「横笛 音の花〜和風〜」「横笛 音の花〜洋風〜」を制作。演奏活動以外では、篠笛愛好家のための演奏指導、演奏会や祭事への楽曲提供を行っている。

武田朋子(Tomoko Takeda)●篠笛・能管
江戸囃子の太鼓・笛を習得し、江戸獅子舞の太鼓方として活動後、佐渡の太鼓集団「鼓童」文化財団研修所にて2年間の研修を修了。能管を能楽の笛方・一噌幸弘氏に師事。祭り囃子や古典芸能をベースとしたオリジナル楽曲を得意とし、和太鼓と笛のDUO「朋郎」でこれまでに3枚のアルバムを発売。ソロ活動では、様々な楽器とのコラボレーションの他、青柳拓次、大友克洋など多数のアーティストの作品や映画のレコーディングに参加。上海万博、アスタナ国際博覧会、平昌オリンピック公式文化行事参加作品などに参加するなど国内外で活動中。

喜羽美帆(Miho Yoshiba )●箏・二十五絃箏
幼少よりピアノをはじめ、7歳より筝・二十五絃筝・三絃を佐藤里美氏に師事。22歳にて生田流筝曲師範免状を取得。師範名、福田操明櫻(ふくだそうめいおう)。NHK邦楽技能者育成会第42期にて音楽理論を含め広く研鑽を積み、同時期、立教大学文学部日本文学科を卒業。第二回琴によるポップスコンクール 優秀賞受賞。荒井靖水と共に唯一の「薩摩琵琶・二十五絃筝DUO」としても活動。第一回桂座音楽賞受賞。全自作曲によるCD「忘れ水」発売。第二回和の響邦楽グループコンテスト最優秀賞受賞。世界フィギュアスケート選手権2007 in TOKYOオープニングセレモニー演奏、EU大使歓迎演奏、日本スイス協会交流記念演奏など多方面で活躍中。

内藤哲郎(Tetsuro Naito)●和太鼓
幼少の頃より地域の伝統芸能だった和太鼓に触れ、1990年に和太鼓芸能集団「鼓童」に入団。在籍中はトッププレイヤーとして国内外でのツアーに参加、演奏のみならず作曲・演出など幅広く活躍。2002年に独立、東京を拠点に和太鼓奏者として活動を開始する。角松敏生、吉田兄弟、DJクラッシュ、ソウルフラワーユニオンなど数々のアーティストとのレコーディングやツアーに参加、その卓越した技術に高い評価を得る。ソロ和太鼓奏者としての活動の一方で、自身のユニットを結成し各方面で活動している。

*吉祥(きっしょう、きちじょう): めでたい兆し、幸福、繁栄を意味する

和楽器、伝統楽器、伝統音楽、和楽器ユニットの演奏家派遣はmusician-naviにお任せ下さい。