仙道新太郎フォト
仙堂新太郎(Sendo Shintaro)●鼓・邦楽打楽器
1955年兵庫県生まれ。10歳の頃より山口十郎氏に師事し打楽器を学ぶ。17歳のときパリ・コンセルヴァトアーズに留学。帰国後、桐朋学園大学打楽器科に入学。同時に藤舎呂船門下に入門。能楽を仙堂新之丞氏に師事。後継として仙堂新太郎を襲名。1882年、日本音楽集団に入団、団員として1988年松尾芸能特別賞、1990年第20回モービル音楽賞を受賞。市川猿之助スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」・「オグリ」・「八犬伝」の音楽制作。1989年フランス革命200年祭記念公演で京都市交響楽団と共演。1986年以降から市川猿之助の一連のスーパー歌舞伎の音楽制作に参加。1991年、オーストラリアでホテルニッコー・ダーリングハーバーのオープニングセレモニーを企画演出。ニューヨークではF1のCM音楽制作を担当。1995年バルト三国のエストニア共和国国立教育大学で講演と演奏を行う。さらにオランダ、ユトレヒト音楽大学での講師など海外講演や演奏活動の経験を重ねる。オーケストラアジア(中国韓国・日本の合同民族楽器)のメンバーとして、北京・ソウル公演に参加。世界各国でさまざまな民族音楽家達と演奏する。スイスジュネーブ国立音楽院、仏蘭西リヨン国立音楽院客員教授、筑波大学付属盲学校講師。日本と西洋の音楽の相違を知る数少ない音楽家。