68 中島彩
中島彩(Aya Nakashima)●ピアノ
3歳よりワクイシステムにてピアノを始める。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、2002年、同大学を首席で卒業、同時に安宅賞、同声会賞、アカンサス賞を受賞。同年秋、財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生として渡独。平成15年度文化庁新進芸術家海外派遣研修生となる。2004年6月、ミュンヘン国立音楽大学大学院卒業後、スイスとフランスで研鑚を積む傍ら、ソリスト、室内楽ピアニストとして演奏活動を開始する。ピティナ・ピアノコンペティション、全日本学生音楽コンクール、園田高弘賞コンクールなど、国内での受賞歴を始め、ベッリーニ国際音楽コンクール第二位、(イタリア)リヨン国際室内楽音楽コンクール第三位及びバークリ賞受賞(フランス)など海外に於いても上位入賞を果たす。これまでにピアノを海老原ゑみ子、竹内啓子、北川正、播本枝未子、御木本澄子、小林仁、ギッティ・ピルナー、ジャン・マルク・ルイサダ、セシル・ユゴナール・ロッシュの各氏に、パイプオルガンをマリー・アンジュ・ローラン氏に、ソルフェージュを國越健司氏に師事。2008年4月、東京文化会館にてデビューリサイタル。同年11月に帰国後は、国内に演奏活動の拠点を移す。コンセール・ヴィヴァン新人オーディション優秀賞受賞。室内楽演奏も活発に行っており、日本フィルハーモニー交響楽団メンバーとのアンサンブルは好評を博している。