ウィリアムス浩子写真2
2012 年よりリリースしたアルバムが7作連続ジャズチャート1位を記録中。世界でも高い評価を受けるジャズシンガーのステージをお届けします。

ウィリアムス浩子(Hiroko Williams)●ジャズシンガー
2012 年よりリリースしたアルバムが7作連続 ジャズチャート 1 位を記録中。(amazonベストセラーランキング)。作編曲家・服部克久氏に「最高のエンジンを積んだロールス ロイスが時速 100km で優雅に走るよう」と称されたその歌声はオーディオ業界でも絶大な人気を誇り、2018年夏には上海でのインターナショナルオーディオショーに日本人で初めてのゲストシンガーとして呼ばれる。アルバムはドイツ、イタリアなどの ヨーロッパ各国やアジアのオーディオショップでも 人気を呼びその歌声は世界にも広がり始めている。4部作であるアルバム「My Roomシリーズ」がジャズ業界異例の大ヒットとなったことに加え、こだわり抜いたその音作りがオーディオ業界への貢献と認められ、「ジャズオーディオ・ディスク大賞2016特別賞(ジャズ批評誌)」を受賞。 全国でのコンサートツアー活動のほか、ラジオ番組「MY ROOM JAZZ」のパーソナリティーも務める。(RNC 西日本放送、ABS 秋田放送、RKK 熊本放送、JRT 四国放送、OBS大分放送、SBS静岡放送 ) Tokyo FMコミュニケーションズ MUSIC BIRD新番組「ジャズジャパン・レコメンド・ニューディスク」ではナレーターを担当。2014 年、アルバム「A Wish」が「ジャズオーディオ・ディスク大賞 2013(ジャズ批評誌)」 ヴォーカル部門において銅賞を受賞。ビルボード Japan で 2 位を記録。2014 年 4~6 月の ANA 国際線機内プログラムに採用。2014 年、オーディオルームでの録音による高音質アルバム「My Roomシリーズ」の第1弾となる「MY ROOM side1」をリリース。ここから半年ごとに2年間で4枚のアルバム発表をするという制作に入る。「My Room side1」は発売直後に大ヒット。オリコンでも邦楽全体のトップ 10 入りを果たすなど、 ジャンルの枠を超え話題になる。「ジャズオーディオ・ディスク大賞2014ヴォーカル部門(ジャズ批評誌)」 で日本人初となる銀賞を受賞。2015 年 10 月の名古屋ブルーノート公演、12 月の渋谷マウントレーニアホールでのアルバムリリースツアーファイナル・ ワンマンコンサートは満席。amazon ジャズ・フュージョンカテゴリーにてMy Room side1とside2の 2 作共に 2015 年の年間セールス・トップ 20 に入り、 邦人 1 位となる。 2016 年、アルバム「MY ROOM side3」「My Room side4」をリリース。「My Room side3」が「ジャズオーディオ・ディスク大賞 2015(ジャズ批評誌)」 ヴォーカル部門において銅賞を受賞。2016年、My Room シリーズの集大成ともなるクリスマスアルバム「My Room for Christmas」をリリース。シリーズ全作ジャズチャート1位を記録し、発売記念ツアーでは、銀座YAMAHAホール、名古屋ブルーノート、福岡GATE’S7など全5公演満席となる。アナログ盤も発売される。2017年、アルバムが業界異例の大ヒットとなったことと、こだわり抜いたその音作りがオーディオ業界への貢献と認められ、4部作、「My Room for christmas」共に「ジャズオーディオ・ディスク大賞2016(ジャズ批評誌)」特別賞を受賞。2017年4月19日にスタートしたハイレゾ配信ではeonkyo TOP100アルバムにおいて、洋楽、J-popなども含まれる全ジャンルにおいて「MY ROO side1」が1位を記録。My Roomシリーズ全てがtop100に入るという快挙となった。2017年5月、配信サイト6社による2017年4月のハイレゾ音源大賞を「My Room side1」が受賞。2017年9月、ジャズのみならず、日本の名曲を歌うコンサートも人気を博し、中でも「ウィリアムス浩子singsちあきなおみ」は南青山の能楽堂鉄仙会にておこなわれ、昼夜二回公演共にチケット完売、大好評となる。この模様はドキュメンタリー映像となった。

ウィリアムス浩子写真3

ジャズシンガーの演奏家派遣・出演者派遣はmusician-naviにお任せください。