いちむじんグループフォト1-4
高知の古い言葉で“一生懸命”という意味の名前の「いちむじん」。新世代のクラシックギターデュオとして、NHK連続テレビ小説「つばさ」の挿入曲や、NHK大河ドラマ「龍馬伝」紀行のテーマ曲の演奏などで注目される。ヴァイオリン、ベース、ピアノ奏者を加えた活動を展開。心に響くクラシックデュオの音楽をお届けします。

いちむじん
高知県出身の「宇高靖人&山下俊輔」による新世代クラシックギターデュオとしてスタート。 2004年、桐朋学園大学短期大学部在学中に結成。東京を拠点に全国各地のホールやライブハウスでのコンサートなど積極的に音楽活動をしている。NHK大河ドラマ「龍馬伝」紀行のテーマ曲の演奏、映画「沈まぬ太陽」の挿入曲やNHK連続テレビ小説「つばさ」の挿入曲などを担当するなど、多方面から注目されている。クラシックの枠にとどまらないのびのびとしたギター・サウンドが聴く人の心を魅了している。現在、ヴァイオリンの白須今やベース、ピアノを加えた活動をスタート。ユニット名の“いちむじん”とは、高知の古い言葉で“一生懸命”という意味。